PD-N902


PD-N902
PIONEER PD-N902(ミニコンポ FILL)

 別掲 PD-N901 は、超高域側をCD規格より余分に補償しようとする方式たるレガートリンクを比較試聴すべく 入手した物であったが、ワンコインで我が家にやってきたのがこの PD-N902 である。CDが再生できたりできなかったりと云う代物である。

 型番こそ違いながらも、形が全く同じなので単なる後継機と思い込んでいたが、中を開けてみてビックリ。PD-N901 は別掲の通り、CDクランプ構造が大がかりな構造でCDドライブやピックアップ部分全体をCD側にせり上げて密着するシステムである。一方この PD-N902 はメーカを問わず多くのCDプレーヤに見られる、トレー手前側に可動式光ピックアップのマウンタがせり上がってくる構造で、前機の大がかりな機構に比べると大幅に簡略化されている感は否めない。そんな中にも、光ピックアップのサブフレームのマウンタへの取り付け方法が、多くの場合ネジ固定式のところ特殊形状のゴムフローティング式で、パイオニアらしい工夫の跡が窺える。光ピックアップは他社と共通の物である。実際我が家にやってきた時のCDが再生できたりできなかったりと云う症状は光ピックアップの不調が原因で、別掲 DP-SE7 に移植した物を再移植することで無事復旧した次第。

CD Mount System
内部CDマウント構造(前機 PD-N901 の構造は別掲参照願いたい)

 パイオニア社の報道資料に拠れば、この PD-N902 のレガートリンク部は、24bit・レガート・リンク・コンバージョンとの事。PD-N902 は24bitレガートリンクと言う事にこの資料を読んで初めて気がついた次第。ただし、従来約20kHzである再生周波数帯域の上限を約50kHzまで拡大する「レガート・リンク・コンバージョンS」とは謳っていない。従って、普通のレガートリンクに、CD規格である16ビットデータを24ビットに再量子化することでダイナミックレンジを従来の96dBから140dBまで拡大すると云われるHibit化技術が採用されたものと解釈出来る。

 さて、PD-N901 後継機 PD-N902 である。早速 Everything Must Change のJAZZボーカルCDと常用リファレンスバイオリン曲CDを持ち出しての試聴と相成った。PD-N901 より柔らかい響きで音場に広がりがあり、より生々しい雰囲気を醸し出している。PD-N901 に感じた位相の揺らぎも無く、繊細な音がより繊細に再現される。これは好みの音がする。バイオリンが胸をかきむしらんばかりに曲想を奏でている。光ピックアップやCDマウンタ構造などに簡略化が見られたが再生音には殆ど影響なく、やはり音場再現へ与える影響はD/A変換部が支配的との感を強くした次第。

 リファレンスバイオリン曲CDの15曲目、ラストナイトがこれ程までに心にしみ込んできたのは初めての感覚である。直ちに本機を常用機とせねば。

 翌日、早速今までの PD-N901 を PD-N902 へ入れ換えた。これで気分すっきりである。リファレンス機とした XL-Z505 とコンビで今後もDAC比較試聴を続ける所存。


[1]tsdoctor HOME PAGE、https://tsdoctor.web.fc2.com/dp1001.htm
[2]Philips DAC、http://www.lampizator.eu/lampizator/LINKS%20AND%20DOWNLOADS/DATAMINING/tda1547.pdf
[3]お気楽オーディオキット資料館、http://www.easyaudiokit.com/
[4]DAC63S-mini/お気楽DAC2の製作、http://yasu-audio.com/dac63s_01.html
[5]DAC(DAC63S-mini)、http://www.geocities.jp/mkttid/dac63s.html
[6]フルーエンシ情報理論、http://www.jst.go.jp/kisoken/seika/zensen/04toraichi/
[7]EMISUKEの電子工作部屋、http://www.geocities.jp/aaa84250/HAIFU_16.htm
[8]Chu Moyタイプヘッドホンアンプの製作、http://www.minor-audio.com/bibou/amp/headphone_amp2004.html
[9]Web2.0が面白いほどわかる本、小川宏・後藤康成著、中経出版、中経の文庫495
[10]Pioneer レガートリンク解説、https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/archives/products/highend/lineup/rs-a1x2/function_2.html
[11]レガートリンク付きCDプレーヤについての検討(その2)、https://blogs.yahoo.co.jp/kiyo19371122/29056796.html
[12]折り返し雑音とフィルタ、http://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/next_gen/alias/aliasing.html
[13]サンプリング周波数と音質、http://aok.la.coocan.jp/sample_hz.htm
[14]お手軽シリーズ1.5の巻き、http://www20.tok2.com/home/easyaudiokit/okiraku/okiraku15.html
[15]「在庫限り」の誘惑に負けるの巻き(FN1242A)、http://www20.tok2.com/home/easyaudiokit/FN1242A/FN1242A.html
[16]心理学的,及び生理学的実験による超音波音響信号の知覚に関する考察、杉本武士、筑波大学大学院博士課程システム情報工学研究科修士論文、2003
[17]AL24 Processing、https://www.denon.jp/jp/blog/3817/index.html
[18]ONKYO 技術情報VLSC、https://www.jp.onkyo.com/audiovisual/technology/
[19]ビクター K2 テクノロジー技術情報、https://www.jvcmusic.co.jp/k2technology/aboutk2/technology.html
[20]二次元アレイスピーカを使った音場の形成とそのシュミレーション、http://tamlab.yz.yamagata-u.ac.jp/STUDY/スピーカ/speaker.html
[21]「Supreme D.R.I.V.E.(仮称)」開発!、http://www.kenwood.co.jp/newsrelease/2000/press20000619.html
[22]「D.R.I.V.E. with 32fs & 22bit resolution」、http://d.hatena.ne.jp/tma1/20070105
[23]アナログーデジタル変換、橋本研也、http://www.te.chiba-u.jp/~ken/lecture/Trans-3.pdf
[24]高速化に適した周波数変調方式刄ーADC、前澤宏一、松原渉、酒向万里生、水谷孝、http://www3.u-toyama.ac.jp/maezawa/Research/IPArev2.pdf
[25]AD/DA変換器とディジタルフィルタ、山崎芳男、日本音響学会誌 46巻 3号:1990、https://www.jstage.jst.go.jp/article/jasj/46/3/46_KJ00001455904/_pdf/-char/ja
[26]デジタルとアナログの協調と共存、小林春夫、https://kobaweb.ei.st.gunma-u.ac.jp/news/pdf/koba20071016-2.pdf [27]AD/DA変換器、岩田穆、集積回路基礎 第10章、http://www.dsl.hiroshima-u.ac.jp/~iwa/text/LB10.ADC.pdf
[28]SL-P70仕様、https://audio-heritage.jp/TECHNICS/player/sl-p70.html
[29]アナログ・デジタル変換の基礎、村口正弘、マイクロ波工学2009.07.10
[30]1ビットD/A変換アレイを用いたD/A変換方式、谷泰範、信学技報、CAS94-9,VLD94-9,DSP94-31、pp.63-70
[31]ONKYO Integra C-1E解説、https://audio-heritage.jp/ONKYO/player/integrac-1ever2.html
[32]Victor XL-Z900、https://audio-heritage.jp/VICTOR/player/xl-z900.html
[33]SONY DAS-R1a、http://audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/etc/das-r1a.html
[34]Leica a la carte:SONY CDP-EX700、http://m3leica.blog66.fc2.com/blog-entry-556.html

Return