ALTEC DIG-II

ALTEC DIG-II
ALTEC DIG-II

 このDIG-IIは、2007年春の祖父の三十三回忌準備大掃除中に押し入れ奥から出てきた。湿気ですっかり箱の下部がカビて変形していたが、腐ったネジをドリルで削って開けると綺麗なDIGの心臓409Bスピーカが顔を出した。

 私が初めてALTECサウンドを聴いたのは、三十数年前、お茶の水の日仏会館で開催されたオーディオイベントでだった。DIG-IIを手に入れた三十年近く前は、当時日本初のV-FET採用アンプシリーズの廉価版モデルで鳴らしていたが、DIG-IIから出てくる音は馬力無く、ペソペソした音だった。

 久し振りに日の目を見る事となってからは、上下逆様組み付けとしてバスレフポート下側位置で設置し、真空管アンプで鳴らしている。見ての通りサランネットは、当時飼っていた白いネコが爪を引っかけて遊んだ名残で毛羽立っているが、今は亡きネコ君に敬意を表してそのままとしている。

 さて、音であるが、ネット上でも盛んに評されている様に、どうしてこんなシンプルな構造からこんなクリアーかつ情感たっぷりの音色が出てくるのか不思議なくらいである。三十数年経過し、箱もスピーカーもすっかり枯れたせいか、元々こうなのか、高能率らしい反応の早い正にJAZZ向きの音色と感じている。一度試しにスピーカー台として柔な物を使ってみたが、定位や応答感がメロメロとなった。これは箱全体で鳴っていると納得し、今は支持点四ヶ所の台を使っている。ライブハウスの空気感や演奏者の息づかいまでもが伝わってくる、そんなスピーカーである。


[1]サウンド与太噺、森本雅記(日本のミスターアルテックと呼ばれた方)、http://web.kyoto-inet.or.jp/people/bontoro/yota/yota/mokuzi.html
[2]真空管アンプ・スピーカー作りに挑戦、技術評論社、男の自由時間
[3]The BigBlock part14、http://bigblock-power.com/part14.htm
[4]Altec 409B 20cm同軸フルレンジ、http://www.ceres.dti.ne.jp/~takojin/Speakers/altec409B.htm
[5]ALTEC 409Bと409-8E、http://homepage1.nifty.com/ModernJazzNavigator/audio/a5.htm
[6]DIATONE スピーカーシステムDS-B1の仕様、http://audio-heritage.jp/DIATONE/diatoneds/ds-b1.html
[7]真空管アンプと適合するスピーカー、http://www.geocities.jp/asd2251sxl2001sax2251/speakerfortubeamp.htm
[8]DIATONE DS-B1、http://www007.upp.so-net.ne.jp/module/Studio/DS-B1.htm
[9]TANNOY Mercury M2、http://tukipie.net/eng/audio/TANNOY_MercuryM2.htm
[10]Tannoy Mercury M2 loudspeakers、http://www.tnt-audio.com/casse/mercury2e.html
[11]くりぷぴょん、http://www.magoroku.com/namario/speaker/kripton/index.html
[12]Speaker Workshop非公式チュートリアル非公式邦訳、http://www.daredevil.cn/sw/speakerws.html
[13]スピーカー修理ライフ、http://www.h7.dion.ne.jp/~tom_ono/page014.html
[14]スピーカー修理テクニック|スピーカー修理日記、http://ameblo.jp/sp3/theme2-10001708739.html
[15]B級リビルド ツィーター修理、http://wanwanshiba.hp.infoseek.co.jp/sub5.htm
[16]B級リビルド ウーハー修理、http://wanwanshiba.hp.infoseek.co.jp/newpage40.htm
[17]あの時代、オーディオへの憧れを今再び、憧れ探求隊編、株式会社竢o版社、笊カ庫
[18]DIATONE スピーカーシステムDS-201(DB)の仕様、http://audio-heritage.jp/DIATONE/diatoneds/ds-201.html
[19]ダイヤトーンDIATONE DS-201 スピーカー、http://speaker.kir.jp/diatone/ds-201.htm
[20]ダイヤトーンのDS-201、http://varios-kraft.eco.to/AUDIO-3menteSP-12.html
[21]DIATONE DS-201、http://yomoyama.fc2web.com/audio/ds-201.htm
[22]サンスイLM-011スピーカー、http://mitsunoken.hp.infoseek.co.jp/2005.1.13.lm-011.t.html
[23]ユニーク・スピーカーシステムの開発、http://www.ishinolab.com/modules/doc_serial/audio_history_japan/serial001_008.html

Return